口語訳 現代語訳 神道五部書 豊受太神御鎮座本紀 その二十五 棟梁の文様

寶宮の棟梁の天表(あまつみしるし)の文樣

天照太神宮の形は日天尊󠄄位を象る。

止由氣太神宮の形は月󠄃天尊󠄄位を象る。

天神地祇八洲を輝かし、形體を利す。ゆゑに皇天は永遠にをられ、日月を配して地上の昏衢(こんく)を照らす。國家天地と共に天皇の御代は長久である。天眞の明道である。鬼神の變通である。人民は幸甚幸甚。

東西左右すべて四十四座。