口語訳 現代語訳 神道五部書 豊受太神御鎮座本紀 その四

垂仁天皇二十一年丁巳十月甲子、天照太神が但馬の吉佐宮から度相󠄀の宇治の五十鈴(いすず)の河上に遷られ、鎭座された。