読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「逢ひ見ての」のつもりが…

名前を小倉百人一首の第四十三首、権中納言敦忠の

逢ひ見ての 後の心に くらぶれば 昔はものを 思はざりけり

よりahimitenoとせむと思へども、あやまりてahimitemoとせり。己の愚かさを恥づ。

 

何故此の歌よりとると問はれると、此れといふ譯無けれども、此の歌が小倉百人一首の中で最も記憶に殘つてゐたるからか。想ひ出の一首なり。

 

吾が小學校五年生の時、敎師が汝いづれの歌を好むと問ひければ、吾「逢ひ見ての」の歌を最も好むと答へり。敎師、いぶかしがりて汝歌の意を知るかと言へども、吾師の言はんとせむことを悟らざりき。當時、この歌、意しらべのむためでたしと思ひき。

 

此の歌は後朝の歌で、いはゞ目合ひの後の朝に男が女へ贈りたるなりけり。意は目合ひて後の今のそなたへの熱き想ひにくらぶれば、以前は戀ひせざるに等し、といふところか。

 

今思ふと昔はものを知らざりけり。