小倉百人一首

「逢ひ見ての」のつもりが…

名前を小倉百人一首の第四十三首、権中納言敦忠の 逢ひ見ての 後の心に くらぶれば 昔はものを 思はざりけり よりahimitenoとせむと思へども、あやまりてahimitemoとせり。己の愚かさを恥づ。 何故此の歌よりとると問はれると、此れといふ譯無けれども、此の…